初期虫歯の進行を防ぐ5つのポイント【歯科医師推奨】

大崎シティデンタルスタッフ 初期虫歯

皆さん、こんにちは。
大崎シティデンタルクリニック歯科医師の松本です。

本日は初期虫歯についてお話し致します。

初期虫歯とは歯に穴は開いておらず、歯の表面が白濁または茶色に変色している状態(脱灰)の事を言います。

この時点で適切な対処をすれば、本格的な治療を必要としない場合があります。

しかし、穴がなくてもレントゲン写真にて歯の中で虫歯が広がっている場合などは治療が必要となります。

大崎シティデンタルスタッフ 初期虫歯

     
どうすれば、初期虫歯の進行を防げるのでしょうか。

  • 歯科医院にてフッ素を塗布する
    フッ素は脱灰した歯を、再石灰化します。
    再石灰化とは脱灰した歯の表面を強くする事を言い、フッ素入りのガム、歯磨き粉を使用するのも効果的です。
  • 歯磨きする
    歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなどでしっかり歯磨きする。
  • 食生活を見直す
    虫歯になり易い糖分の多い食べ物を減らし、間食をしない。
  • 唾液の分泌を促す
    唾液は再石灰化を促し、よく噛むことで唾液の分泌は促進されます。
  • 歯科医院で定期健診を受ける
    定期的に虫歯が進行していないか、レントゲンを撮り確認しましょう。


 

初期虫歯かどうかの初期症状を判断するのは非常に難しい為、「あれっ、これ虫歯かな?」 と気になったら、そのまま放置せずに歯科医院を受診し、相談して下さい。

 

更新日時:

 

関連記事

  1. セラミック修復

  2. 入れ歯

    コーヌスクローネ

  3. 虫歯

    また、虫歯になっちゃった!?

  4. そもそもむし歯とは?

  5. 矯正

  6. 大崎シティデンタルクリニック

    歯科治療中の音