知覚過敏と歯ぎしり

こんばんわ。
最近の患者さんで、歯が痛いと言って受診された方で
全く虫歯がないっていう患者さんも結構いるので、
虫歯じゃない歯の痛みの一つとして知覚過敏について
少し紹介させていただきす。
知覚過敏とは、虫歯になっていない歯が、冷たい水や甘いものなどを口に含んだ時、歯ブラシでふれた時に感じる痛みをいいます。
この知覚過敏の原因として一番多く見られるのが、就寝時の食いしばり(歯ぎしり)によるものです。
睡眠中、無意識による夜間の歯ぎしりやくいしばりは驚くほど歯にダメージをあたえています。通常起きている時に食事するときの数倍、時には数十倍のもの力でこすり合わせるので、歯の表面が著しく磨耗したり、ヒビがはいったり、時にはかけることもあります。また、歯の付け根の部分がえぐれた状態になることもあります。そういう状態になると、虫歯になっていない歯でもちょっとした刺激で痛みを伴い、知覚過敏となってしまうのです。

知覚過敏の原因の一つである歯ぎしりについてはまた今度紹介させていただきます。
それではみなさん良いGWを過ごしてください。

小林

関連記事

  1. ダイヤモンドで削る⁈

  2. 大崎シティデンタルクリニックスタッフ

    歯周外科 フラップ手術

  3. 転じて我が身に・・・

  4. 最先端エンド

  5. 大崎シティデンタルスタッフ 初期虫歯

    初期虫歯の進行を防ぐ5つのポイント【歯科医師推奨】

  6. 大崎シティデンタルクリニック

    歯科治療後の痛みの原因と対策を考えてみた