コンポジットレジン

少し前の話ですが、5月に当院理事長と常勤歯科医師4名で
コンポジットレジン充填のセミナーを受講してまいりました。

コンポジットレジン充填とは、削った穴に白いプラスチックを
詰めて治す虫歯の治療のひとつで、歯と材料の化学的な接着が可能なため
最小限の侵襲で虫歯の部分をふさぐことが出来る方法です。

これは、古くからある治療法なのですが、プラスチックの材料そのものや、
周辺の補助的な器具の発達により、審美性はもとより、強度や耐久性に
おいても、従来より信頼性、予知性の高い処置が可能になりました。

今回のセミナー受講を機会に、また新たな機材の導入も決定し、
今後、より精度の高い治療を提供出来る事かと思います。
なるべく歯を削らずに、また美しく歯を治したい、という方には
うってつけの方法です。ご興味のある方はお声掛けください。

                             三留

関連記事

  1. ダイレクトボンディング

    ダイレクトボンディング

  2. 大崎シティデンタルクリニック

    自家歯牙移植(じかしがいしょく)とは

  3. オールセラミッククラウン

    オールセラミッククラウン症例 その1

  4. そもそも虫歯とはどのような病気か?

  5. 銀歯をお口の中に入れるということは?考えられる危険性

  6. 海外の歯科治療事情について