明けましておめでとうございます。

さて、歯には虫歯ができやすい場所があります。
1960年代にブラック(アメリカ)が、歯には虫歯ができやすい部位があると論文にまとめ、
虫歯の予防法を提唱したのです。
①汚れがたまりやすい奥歯の咬合面の溝の部分、
②歯と歯の隙間
③歯と歯肉の境目などに虫歯ができやすい。

歯垢を赤く染める歯垢検知液で歯を染めて見ると、そうした部分が染まります。
そこから虫歯が起こるのだから、
『歯の汚れが虫歯の原因で、しかもネバネバしたものが付着してるから、
これを除去することが虫歯を防ぐ』
という考えが生まれたのです。

皆さんもこのあたりに気を付けて、普段の歯磨き、予防処置を
行ってもらいたいと思います。

本年もよろしくお願い致します。

中野

関連記事

  1. 酸蝕症

    お花見シーズン、呑みすぎ注意!

  2. 勉強会

    ☆勉強会☆

  3. 新生活!

  4. 大崎シティデンタルクリニックスタッフ お祭り

    お祭り☆

  5. 焼肉

  6. 豚組しゃぶ庵

    ☆しゃぶしゃぶ☆