みなさんこんにちは
大崎シティデンタルクリニック歯科医師の三留です。

今日は歯磨きについてのお話しです。

みなさんはいつ歯磨きをしますか?

歯磨きのタイミングによって、歯磨きの効果が変わってくるのはご存知だと思います。

食べ物を摂った後、お口の中のphは酸性に傾きます。

唾液の中には様々な化学物質が含まれており、酸性に傾いたお口の中を元に戻す「緩衝能」という機能があり、食べ終わってから約30分程で元の中性に戻ると言われています。

このことから食後すぐではなく、食後30分ほど待ってから歯磨きをすると、歯の表面を傷めずに磨くことができると、推奨されている時期もありました。

また、酸蝕症と言う歯の表面が溶ける疾患にかかっている場合には時間をあける意義がある、と言われていることもあったようです。

現在、虫歯の予防の観点からは食後すぐに磨くことが良いとされています。

せっかく行う歯磨きもタイミングを間違えると、かえって逆効果になってしまうかもしれません。

時間がない時は難しいかもしれませんが、みなさんも歯磨きのタイミングを気をつけてみて下さい。

[clink url=”https://www.ohsakicity.dental/4326.html”]