歯を染めだしてみよう!!!

こんにちは!

大崎シティデンタルクリニック歯科衛生士の下田です。

今日は染めだしについてお話したいと思います。

歯の表面につく、ヌルヌルとしたものをプラークと呼んでいます。このプラークにはたくさんの細菌が潜んでいて、虫歯や歯周病の最大の原因です。

虫歯や歯周病を予防するためには、このプラークを除去することが必須です。歯磨きはプラークを取り除く基本的な方法ですが、正しい歯磨きをしないと、毎日磨いていてもプラークを完全に除去することはできません。

プラークは、歯の色と似た白い色をしており、目で見ただけではきちんと磨けているのかわかりません。
そこで、プラークを赤く染め、歯の色と区別がつきやすくする方法が「染め出し」です。

染め出しをすることによって、普段プラークを見落としている所を目で見て確かめることができ、自分の歯磨きの癖がわかります。

歯を染め出すには『染め出し液』と言うものを使います。

染め出しの赤い色は食紅と同じ成分ですので飲み込んでも体に害はありません。

《染め出し方法》

  1. 染め出し液を綿棒など使用し歯のすみずみまで塗ります。
  2. 2~3回軽くうがいをして余分な染め出し液を洗い流します。
  3. 赤く残ったところがプラークが着いているところです。赤いところがなくなるまで丁寧にブラッシングします。

  4. ブラッシングした後、もう一度先ほどと同じように染め出しして確認します。
  5. また赤く残っている所があればそこを意識して注意深く磨きます。

このようにして歯を染めだしをしてご自身の磨き残しや歯磨きの癖をチェックすることが大切です。

大崎シティデンタルクリニックでは、歯磨きのチェックとし、この染めだしを実践し歯科衛生士が患者様にあった歯磨き方法をお話させて頂いております。

また大崎シティデンタルクリニックではご自宅で染めだし出来る染め出し液も販売しているのでお気軽にスタッフにお申し付け下さい。

大崎シティデンタルクリニック

歯科衛生士下田

関連記事

  1. 喫煙とお口の健康

    喫煙とお口の健康①

  2. 歯磨きの大切さ

    歯磨きの大切さを伝えるために歯科衛生士の私がしたこととは。。…

  3. 新しい『唾液検査』導入しました!

  4. 美味しい、と感じるには。

  5. 顎咬合学会!2018

  6. 歯がしみる!これって虫歯⁉