こんにちは、
大崎シティデンタルクリニック 歯科医師の松本です。
本日は、「ラバーダム」についてのお話を致します。
ラバーダムとは下記のようなゴムのシートで、治療歯以外のお口の全体を覆います。

大崎シティデンタルクリニック


特に「根管治療」「修復処置」においてよく使用されます。
使用する理由は以下の通りです。

・防湿
 使用するミラーが曇りにくくなり、治療しやすくなる。
 詰め物などの接着力が重要な治療の時に有利である。
・無菌的処置
 細菌が沢山存在する唾液の侵入を防ぎ、患歯の感染を防ぐ
・器具の誤飲、誤嚥の防止
 詰め物、被せ物、薬剤、削った際の粉塵の誤飲、誤嚥を防ぐ
・術野の明示
 唇や頬の粘膜を術野から、排除することによって治療がしやすくなる
・周囲軟組織の保護
 鋭利な器具を使用する際に、粘膜を守る

歯科的観点からすると、精密な治療をす場合には必要な方法です。

ただし、装着できない方もいます。
お鼻で呼吸できない、長時間口を開けていられない、歯が装着できない形であるetc…

実際に当院でも、ラバーダム防湿を使用する場合があります。
しかし上記理由で使用できない場合は、「ズー」という簡易的な防湿装置を使用する場合もあります。

大崎シティデンタルクリニック

大崎シティデンタルクリニック

当院では以上の防湿を行うことで、少しでも精密な治療ができるよう心掛けております。

大崎シティデンタルクリニック
歯科医師 松本尊治