CT撮影

こんにちは。
大崎シティデンタルクリニック
歯科医師の石井です。

本日はCT(3Dレントゲン)についてお話ししていきます。

CTとは
コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を3次元の高画質画像得ることができる装置です。

根の治療、インプラント、親知らずの抜歯、などの治療に用いられることがあります。

断層方式パノラマX線写真(2D)や口内法X線撮影法(2D)では判別できない、痛みや症状の原因や骨の厚みや硬さなどの診断に役立ちます。

これは、CT撮影では今までの平面画像が3Dにすることによって、歯の根の状態、歯周病の進行具合なども精密に分析することが出来、正確な診断を細かくすることが出来るからです。

歯科用CTがある歯科医院のメリットとして
従来、大規模病院などにしか、設備としてなかった歯科用CTですが、一般の歯科医院でも導入したことで、より正確な診断ができ、わざわざ大規模病院へ撮影に行くことなく、かかりつけの歯科医院で診査・診断・治療してもらえるということが最大のメリットと言えます。

大崎シティデンタルクリニック
歯科医師 石井

関連記事

  1. 顎咬合学会!2018

  2. 歯磨き頑張ってるけど定期健診来ないとダメ?

  3. 8020運動

  4. なぜ高い?自費診療

  5. 海外の歯科治療事情について

  6. マウスウォッシュ 『コンクールF』