歯周病とタバコ

こんにちは、歯科衛生士の渡邉です。

 

今日はタバコと歯周病の関係についてお話しします。

みなさん、タバコは身体に良くないということはご存知だと思いますが

歯や歯茎にも影響を及ぼすことを知っていますか?

主にタバコに含まれる成分のニコチンやタールが歯や歯茎に影響を与えています。

 

患者様にタバコを吸っているか質問することがありますが

〝吸っているけどアイコス〝という方、多いです。

アイコスなどの加熱式タバコは

タールの量は極めて少なくなっていますが

ニコチンは含まれています。

 

…ということは、歯周病に影響を与えることには

変わりがないということです。

 

歯周病の予防やお口の健康のためには

タバコ自体を完全にやめることが1番なようです。

 

大崎シティデンタルクリニック 歯科衛生士 渡邉

関連記事

  1. 猫と歯周病

    猫と歯周病

  2. メリットとデメリット

  3. 美味しい、と感じるには。

  4. ドライマウス (口腔乾燥症)

  5. おすすめの歯磨き粉

    ホワイトニングにも効果があるおすすめの歯磨き粉とは【歯科衛生…

  6. 口腔粘膜疾患シリーズ-1