こんにちは。
大崎シティデンタルクリニック歯科医師の渡邉です。

今回は歯のメインテナンスのお話です。

患者様から時々「メインテナンスは定期的にきたほうがいいの?」と質問をいただくことがあります。

私達が考えるメインテナンスには、歯のクリーニング、トリートメント、歯周病のレベルや虫歯のチェック、虫歯に対する予防処置、噛み合わせのチェックと調整、歯軋りと噛み締めのチェックと対応…などなど多岐にわたります。

そのため、歯に痛みがなくてもメインテナンスにおいでいただき上記のような項目に異常がおきてきてないかチェックすることが大切です。

綺麗に自分で磨けているつもりでも実際には自分のブラッシングでは歯ブラシが届かない部分があります。
届かない所はいつも届きません。

ですのでその部分は汚れがたまったままになり、虫歯や歯周病になってしまいます。

更に普段の食生活や強く磨きすぎることによって歯の表面に細かい傷がつくことがあります。

この傷が歯の汚れや着色をつきやすくしています。
このようについてしまった着色もとることにより、新しい虫歯や歯周病ができることを予防することにもつながると思います。

定期的においでいただくことにより、よい状態を維持することができ、なおかつ問題がある場合には早期発見することにより最小限の処置ですませることができます。

[clink url=”https://www.ohsakicity.dental/treat-doc.html”]

 
皆様もぜひ定期的なメインテナンスにおいでになられてください。

渡邉