処方薬について

処方薬

こんにちは
歯科医師の赤木です。
本日は処方されるお薬についてです。

歯科でも、時々お薬をお出しすることがあります。

痛み止であったり、抗生物質であったりその時により様々です。

薬については基本的に、最低限必要な量、必要な強さの薬剤を選択しています。

しかし時には

こちらの想定よりも感染が強かったり、薬の効果が思うように現れず
処方した量では足りなかったり
種類を変えたりする必要が有るかもしれません。

「飲んだけど薬が効かないよ!」
「飲みきったけど治らないよ!」

ということが
起こりかねないのです。

そういった場合には、
こちらでどのような状況か判断し、処方し直す必要が有るので

お手数ですがご連絡いただくようお願いいたします。
(来院が難しい場合はせめてお電話だけでも…T_T)

そんなこと言わずに
始めから多めに強力なのをくれ!!

というご意見も有るかとは思います。

しかーし、
下手に処方薬を乱用すると耐性が出来てしまったり、思わぬ副作用に気づけないというリスクも有るのですよ…

ただでさえ
こんなに

処方薬

※院内の一部です

種類が有るので、

症状や状況に合わせて効果的な選択を行うように心がけてはおりますが

なにかおかしいぞ?

という場合にはちょっとしたことでも担当の先生にお知らせいただけると大変助かります(⌒▽⌒)

関連記事

  1. 大崎シティデンタルスタッフ ロキソニン

    ロキソニンとロキソニンSの違いと飲むタイミングについて