未来院になっていた患者様

未来院になっていた患者様

こんにちは、歯科衛生士の藤島です。

先日、以前に担当していた患者様がお久しぶりに来院されました。

以前拝見していた時は9月ごろで、ブラッシングの状況が芳しくなく、このままでは歯周病が進行してしまう、今なら汚れのコントロールができるようになれば良い状態を取り戻せる!と意気込んで治療計画を立てていました。しかし残念ながら、2回の拝見後に未来院になってしまいました

患者様の前に座り顔を合わせると、その方は「お久しぶりです」と笑顔で自分から声をかけてくれました。

そう、担当していた私のことを覚えていてくれたのです。

話を聞くと、仕事が忙しくなりいけなくなってしまった、ようやく落ち着いたのでまた治療の続きをしたいとのことでした。

私はたった2回しか拝見していないのにその方が自分を覚えてくれていた事と、歯周病予防の大切さを知り、再び来院してくれたことにとても感動しました。

中途半端になってしまった治療に再び来院するのには多少の気まずさがあったかと思います。それでも来ようと思ってくれたこの患者様の気持ちに応える為にも、もう一度計画を立て直し、取り組んでいきたいと思います。

未来院になっていた患者様

関連記事

  1. 治療計画

    治療計画を立てよう!

  2. メリットとデメリット

  3. セミナー 大崎シティデンタルクリニック

    真実への臨床への旅

  4. なぜに歯医者か? TV取材を。

  5. 診査・診断

  6. 相互練習

    相互練習