MFT 舌の正しい位置

こんにちは大崎シティデンタルクリニック衛生士の下田です。

突然ですが舌の正しい位置ってご存知ですか??

普段気にしないですが舌にも正しい位置があります。

それがこの「スポット」と呼ばれる口蓋の切歯乳頭部後方にある赤丸がついてある場所です。

大崎シティデンタルクリニック

ここに舌尖を常に置くようにします。

この時のポイントととして舌尖は前歯に触れない事と口唇は無理な力が入らず閉じることです。

皆様ご自身の舌の尖端が今どこについてるか確かめてみて下さい。

なぜこのように舌の正しい位置があるのかと言うと歯列は舌、口唇、頬などの口腔周囲筋からいつも圧力を受けています。

健康な歯列、咬合が長期にわたって保たれるためには、これらの口腔周囲筋からの圧力が均衡を保つ必要があります。

歯列を取り巻く口腔周囲筋の機能を改善する訓練の事を「MFT(口腔筋機能療法)」と呼ばれています。

※MFTとは「Oral MyoFunctional Therapy」の略

MFTとは、個々の筋肉の訓練、咀嚼、嚥下、発音の訓練、安静時における口唇と舌の位置の訓練などによって構成され、口腔周囲筋の弛緩や過緊張を取り除き、歯列に及ぶ筋圧のバランスを整え、それを維持することを目指す訓練法です。

またMFTでお顔の筋肉を鍛えると、フェイスラインをスッキリ引き締め、アンチエイジング効果や歯周組織に影響を与える力のコントロールを行う事で歯周疾患の改善も行う事ができます。

まずは今日お話した舌の正しい位置「スポット」を意識してみて下さい。

また大崎シティデンタルクリニックでは、矯正の無料相談も行っているのでこれを気に歯並びをキレイにしたいという方は是非ご相談下さい。

 

大崎シティデンタルクリニック  下田

 

更新日時:

 

関連記事

  1. CT撮影

  2. 口呼吸

    ストップ!口呼吸②口呼吸を簡単に治す3つの方法

  3. 白い病気

  4. 噛む

    噛む事を意識しよう!

  5. 美味しい、と感じるには。

  6. マウスウォッシュ 『コンクールF』