MFT ポッピング

MFT

こんにちは!

大崎シティデンタルクリニック歯科衛生士の下田です。

今日は舌の筋肉を鍛える練習方法をお話ししたいと思います。

前回の記事でMFT スポットと呼ばれる舌の正しい位置のお話しをしました。

 

舌をスポットポジションにおくには舌の筋肉がなければ中々難しいのです。

舌がスポットポジションにずっと置いておくのが辛いかたは是非この『ポッピング』という舌を上に持ち上げる力を強くするトレーニングを行ってみて下さい。

 

①舌全体を上あごに吸い付け、口を大きく開けて舌の裏のヒモ(舌小帯)を伸ばします。この時

  • 舌の先がスポットにあること
  • 舌の前の方だけでなく、後ろの方まで上あごの裏側に吸い付けていること
  • 舌が上の歯を覆わず上の歯列の内側に収まること
  • 左右対象に吸い付けること

が必要です。

②次に舌を舌におろし「ポン!」と音を立てます。
舌全体が吸い付いていないと軽い音がしてしまいます。
 これを20回繰り返します。やり過ぎはよくありません。

ゆっくり数えて「1、2、3、ポン」くらいの速さで行いましょう。(速くやってはあまり練習になりません)

舌を吸い付けることの出来ない人は、ペタペタと音を出すことから 始めましょう。音の出る直前は舌の一部が吸い付いているはずです。徐々に舌全体が吸い付くようにし、そしてだんだん舌の裏のヒモを伸ばせるようにしていきましょう。

MFT

是非みなさんやってみて下さい!!!

 

大崎シティデンタルクリニック歯科衛生士下田

 

関連記事

  1. 大崎シティデンタル

    歯並びと噛み合わせ、矯正について

  2. 骨隆起

    骨隆起!

  3. 8020運動

  4. 歯周治療

    ~歯周治療~

  5. 咬み合わせ

    咬み合わせを調べる

  6. 知覚過敏と歯ぎしり