こんにちは!大崎シティデンタルクリニック歯科衛生士の下田です。

本日は『タフトブラシ』についてお話したいと思います。

タフトブラシとはこちらです。

大崎シティデンタルクリニック

 

タフトブラシはヘッドが小さなブラシです。

歯ブラシでは届かないところを、磨くのに適しています。

例えば

①奥歯の奥

②抜けた歯の隣

大崎シティデンタルクリニック

 

③前歯の裏側

大崎シティデンタルクリニック

 

④被せ物の周り

大崎シティデンタルクリニック

 

⑤矯正装置の周り

⑥歯並びが悪いところ

⑦生え途中の親知らずの周り

 

タフトブラシの使い方はまず鉛筆持ちで持ちます。

力はいらないので優しく細かく小刻みに動かします。

歯ブラシでは中々磨きにくい部分を歯ブラシ後に仕上げ磨きとして使って頂きます。

そうすることでプラーク(細菌の塊)をより効率よく除去できます。

プラーク(細菌の塊)を除去する事で、虫歯や歯周病予防になります。

[clink url=”https://www.ohsakicity.dental/treat-perio.html”]
 
歯ブラシと同様でずっと同じ物を使っていると毛先が開いてしまい、プラーク(細菌の塊)がしっかり除去出来なくなるので、毛先が開いてしまったら交換するようにして下さい。

是非皆様もタフトブラシを使ってみて下さい。

使い方等わからない事がございましたら、大崎シティデンタルクリニックスタッフまでお問い合わせ下さい。

 

大崎シティデンタルクリニック歯科衛生士下田