自家歯牙移植(じかしがいしょく)とは

大崎シティデンタルクリニック

みなさん、こんにちは。

大崎シティデンタルクリニック、歯科医師の松本です。

重度の虫歯、歯周病又は歯の根が破折してまったなどの場合、不幸なことに抜歯を選択せざるおえないケースがあります。

一般的には、抜歯後の歯を補う治療選択として以下を歯科医師は、患者様にご説明致します。

  1. ブリッジ治療
  2. インプラント治療
  3. 入れ歯

 

私の場合は、これら3つの選択肢にもう1つ「自家歯牙移植」という治療方法を加えて、患者様に抜歯後の治療方針を検討して頂いております。

「自家歯牙移植」とは失った歯の部位に、お口の中で機能していないご自身の歯(親知らずなど)を抜歯して移植する方法です。

ブリッジ治療のように隣の歯を削ったりせず、インプラント治療と違いご自身の歯を使用できる事などが「自家歯牙移植」のメリットになるでしょう。

しかし、勿論デメリットもございます。

全ての症例に適応可能ではありません。移植を検討した歯が大きな虫歯になってたり歯周病に罹患している場合などは適応外となります。そのため、術前にしっかりとした診査が必要になます。

抜歯と診断された下顎左側臼歯

移植する左側上顎智歯

移植する智歯をCTにて診断

大崎シティデンタルクリニック

上顎左側智歯を移植直後

また、移植した歯がずっと問題なくお口の中で使用し続ける事が出来るとは限りません。

残念ながら、移植しても十分に噛めなかったり、痛みや歯の動揺が収まらない場合には抜歯になるケースがございます。

「自家歯牙移植」に関しては他メリット・デメリット様々ございます。

「なんだ、絶対成功するわけではないのか。。。」

と思われる方も、多くいらっしゃると思います。

私個人としての考えでは、上記3つの治療方法に「自家歯牙移植」という治療法を加えることによって患者様の治療選択肢の幅が増える事が最大のメリットと考えております。

抜歯と診断された場合、担当医に一度ご相談されてみては如何でしょう。

大崎シティデンタルクリニック 歯科医師松本

 

 

関連記事

  1. 転じて我が身に・・・

  2. 口内炎

    口内炎

  3. 大崎シティデンタルクリニック

    チェックアップジェルミント

  4. ダイレクトボンディング

    ダイレクトボンディング

  5. 大崎シティデンタルクリニック

    歯が痛い!!!

  6. 大崎シティデンタルクリニック

    歯科治療後の痛みの原因と対策を考えてみた