歯磨き頑張ってるけど定期健診来ないとダメ?

こんにちは。

大崎シティデンタルクリニック歯科医師の渡邉です。

 

今回は歯磨きと定期健診についてのお話を。

 

 

皆様歯科治療が終わり、” さあ終わったぞ! ” となった時

歯科医師から定期健診をすすめられたことがあると思います。

 

そして久しぶりに検診来たら虫歯ができてたり、また歯石がついてしまっていた!

などという経験がございませんでしょうか。

 

あんなに歯磨き頑張ってたのに、なんで歯石や虫歯ができてしまうの!とお思いになったご経験があるかと思います。

 

歯磨きはとても難しいものです。

自分では頑張って磨いていても、歯医者に来ると磨けていない所を指摘されてしまう。

これはどうしてでしょうか。

 

歯周病や虫歯を予防するためには歯ブラシや歯間ブラシ、フロスを使う毎日のセルフケアと、

数ヶ月毎の歯科医院でのプロケアが必要です。

 

歯の形態はとても複雑なため、歯と歯の間・歯と歯ぐきの境目を自分でキチンと磨ききることはとても難しいです。

正直我々歯科医療に従事する者たちでも難しいのです。

そのため定期的においでいただき、

どうしても歯垢・歯石が残ってしまう場所をクリーニングするメインテナンスが必要になるのです。

 

検診の間隔があいてしまうほど、歯垢・歯石の蓄積がたまり、また一からクリーニングが必要となってしまうことがございますので、

定期的に口腔内環境をチェックしてもらうことをおすすめいたします。

 

大崎シティデンタルクリニック歯科医師 渡邉

 

関連記事

  1. 歯周外科

  2. 歯磨き指導の奨め

  3. 歯間ブラシ

    歯間ブラシについて

  4. 歯磨きの磨き残しチェック方法

  5. フロス

    フロス≪糸ようじ≫を使用してますか。。。

  6. 歯磨き

    歯科はなぜ予約制?