ストップ!口呼吸① 口呼吸が引き起こす6つのリスク

口呼吸

こんにちは(*^_^*)
大崎シティデンタルクリニック歯科衛生士の見里です!

「口呼吸」が癖になると口腔にも身体的にも悪影響が出る!!
って聞いたことありませんか???

今回は口呼吸が原因かも???

と噂されているリスクを6つ程お話ししたいと思います!

口呼吸

口呼吸が引き起こす6つのリスク

1.口呼吸で口臭が出る!?

口の中が乾燥すると唾液による潤い、自浄作用の減少により口臭原因の一つでもある口腔細菌が停滞しやすくなる、と考えられているようです。

2.口呼吸で歯並びが悪くなる!?

口呼吸は上下の口唇が閉じていない口が開いている状態で呼吸をしていることです。

その為、口の周りの筋肉が緩み前歯に外側から内側に働く圧力が無くなってしまいます。

前歯の内側から外側に向かっている力、いわゆる舌から前に押される力に変化は見られませんから内側から外側に向かう力が勝ってしまいます。

前歯の内側から外側に向かっている力のバランスが乱れる事より前歯の並びを悪くしたり、成長期には顎の歪みや成長の阻害因子になるとも言われています。

3.口呼吸で虫歯になりやすくなる!?

歯は唾液の力を借りて常にミネラルの供給を受けています。

その他にも唾液には色々な役立つ力があり、その一つが初期の虫歯であれば再石灰化による修復の手助けもしているんです。

口呼吸でお口の中が渇くと唾液が少なくなります。

従って唾液の手助けが少なくなる事から虫歯になりやすくなると言われてます。

4.口呼吸で睡眠を妨げる!?

口呼吸が「いびき」をかきやすくする、と言われています。

これは口を開けて仰向けに寝ていると舌の位置がのど(咽頭)の方に下がり気道を圧迫する為に起こります。

さらに舌が下がると気道を塞ぎ無呼吸症候群になる恐れがあるそうです。

5.口呼吸で風邪をひきやすい!?

ウィルスの半数以上を浄化してくれる鼻呼吸に比べて、口呼吸は風邪のウィルスが浄化されずにノドにあるリンパ組織(扁桃腺など)に直接届きダメージを与える為、風邪や感染症をにかかりやすい、又、免疫力が低下するなどとと考えられています。

6.口呼吸でアレルギーになりやすい!?

鼻呼吸は鼻毛等による清浄器の役目や、粘膜で加湿器の役目も行ってます。

上記「5.風邪をひきやすい」と同じ理由により口呼吸の方は清浄器、加湿器のない環境で直接喉や気管に細菌が入り込む為、慢性的なアレルギー体質になりやすいとも言われてます。

虫歯、口臭、アレルギー体質になる、ましてや睡眠時無呼吸症候群になる可能性までのリスクがあるなんて、、、

残念すぎるよ、口呼吸_| ̄|○

というわけで、

次回は自分で出来る口呼吸の改善方法をお伝えしたいと思います!✨

※上記は口呼吸に対し色々な見解から私が抜粋し分かりやすく直した内容です。
全ての口呼吸が適合するわけではございません。

 

更新日時:

 

関連記事

  1. 口臭の原因は●●だった!口臭の予防と対策まとめ

  2. 海外の歯科治療事情について

  3. お口がポカンと開いていませんか?

  4. 口内炎

    口内炎

  5. 歯肉

    歯肉を整える

  6. 喫煙とお口の健康

    喫煙とお口の健康①