白い病気

こんにちは。大崎シティデンタルクリニックの木村と申します。毎週火曜日に診療しております。普段は某大学歯科病院に勤務しております。大学病院では画像診断(いわゆるレントゲン,正式にはエックス線写真の診断,CTやMRI,超音検査も含む)を専門としております。大崎シティデンタルクリニックでは,一般的な歯科診療の他に口腔外科的な診療にも携わっております。お口の中(口腔粘膜および粘膜下),顎骨の中やその周囲には多様な疾患が生じます。大学には一般の開業歯科医院や医院などから様々な患者様が送られてきます。30年以上に渡る大学病院勤務の中で開業歯科医師の方々では経験出来ないような診断や治療を数多く経験しております。その経験から患者様に有用と思われるような内容を厳選し,分かり易い説明を交えて患者様の口腔疾患への理解の一助となるような情報を御提供していこうと考えています。これまで舌や歯肉にできた白い口腔粘膜疾患を続けてきましたが,今回はこんな病態をお見せしましょう。

舌の下に白色の小さな領域がみられます。これも 通常は“白板症(はくばんしょう)”と診断されます。そう,舌や歯肉ばかりではなくここにも出来るんです。この場所は口腔底と呼んでいます。とりあえずは経過観察とされることが多いでしょう。この患者様は摘出しましたが,既に癌になっていました。それだけではなく下顎のすぐ下方のリンパ腺(正しくはリンパ節)に転移し,制御できなくなって3年程で亡くなってしまいました。 もし,“白板症”が生じたら長く放置しないで大学病院などの口腔外科への受診をお勧めします。

関連記事

  1. 白い病気=白板症(はくばんしょう)

  2. MFT 舌の正しい位置

  3. 口腔粘膜疾患

  4. ドライマウス (口腔乾燥症)

  5. インフルエンザ

  6. 白い病気・その2