前歯部修復

前歯部修復

こんにちは。
歯科医師の渡邉です。

まだまだ寒さが続いていますね。

今回は前歯の治療についてのお話しを。

前歯が虫歯の影響にて、いたしかたなく大きく削らなくてはいけない場合、かぶせものをしなくてはいけません。

治療の流れとしては、歯の形態を整えたらそのあとに歯の型とりをします。

そしてその歯型を技工所へ送り、技工士さんに歯を作ってもらい、それが病院に戻ってきて完成となります。

しかし、患者様のケースによってはその方の歯並びや、形に個性があり、いきなり完成させることが難しいケースもあります。

以下の写真をご覧ください。

前歯部修復

ワックスと呼ばれている材料にて歯の形態を作り、それを試適し確認するとともに、患者様にもイメージを実際にみていただくことができます。

前歯部修復

この写真では、ワックス模型にて顔の正中ラインと、前歯の位置関係を確認しているところです。

このように、型採りしてから完成までの間にこのような過程を挟むことによって、患者様にも実際に御覧いただくことによって最終補綴物のイメージをご確認いただくことができ、なおかつ我々もより精密な診療をおこなうことができます。

審美と機能を両立させた治療を実現させるために治療回数がのびることがございますが、ご理解いただけると幸いです。

渡邉

関連記事

  1. 大崎シティデンタルクリニック

    歯が痛い!!!

  2. 知覚過敏と歯ぎしり

  3. お正月休みと定期検診

  4. なぜ起きる?虫歯や歯周病

  5. 金歯

    金歯の話

  6. ダイレクトボンディング

    ダイレクトボンディング